NGT48 地元でメジャーデビュー記念無料ライブ ノロでの体調不良は「全員回復に」

[ 2017年3月18日 17:00 ]

メジャーデビュー記念イベントでデビューシングル「青春時計」を披露するNGT48の中井りか(前列中央)ら
Photo By スポニチ

 NGT48が18日、地元・新潟の「ハードオフエコスタジアム新潟」でメジャーデビューを記念した無料ライブを行った。野球場でのイベントらしく「デーゲーム」「ナイトゲーム」とした一日2回公演で、それぞれ5000人のファンを動員。4月12日発売のデビューシングル「青春時計」を地元で初披露したほか、オリジナル曲の「Maxとき315号」など11曲を熱唱した。

 デビュー曲でセンターを務める中井りか(19)は「この曲でたくさんの人にNGTを知ってもらいたい。メディアにも出て、気になる存在になりたい」。キャプテンの北原里英(25)は「オリコンCDランキングで1位を獲りたい」と意気込んだ。

 一部メンバーがノロウィルスによる体調不良を訴えていたが、この日は仕事の都合で欠席となった柏木由紀(25)ら2人を除く24人が出演した。北原は「ご心配、ご迷惑をかけてすみません。全員、回復に向かっています」とし、客席に向かって「うつらないので安心して下さい」と呼びかけた。ステージと客席は15メートル離れていた。

 ファンと至近距離で交流する機会がある19日のメジャーデビュー記念ミニ握手会は延期が決定。20日の「AKB48『サムネイル』劇場盤発売記念大写真会」はNGTメンバーの出演を見合わせる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年3月18日のニュース