飯豊まりえ 清水富美加への思い募らせ涙「一緒に頑張ろうねと言っていたので」

[ 2017年2月21日 18:30 ]

W主演の清水富美加についての思いを語り終え目頭を押さえる飯豊まりえ
Photo By スポニチ

 宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(22)の主演映画「暗黒女子」(4月1日公開)の完成披露試写会が都内で行われ、ダブル主演の飯豊まりえ(19)ら主要キャストが出席。試写会を欠席した清水について飯豊は「わたしは富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし、一緒に頑張ろうねと言っていたので」と涙ぐんだ。

 試写会終盤に映画の見どころを問われた飯豊は「富美加ちゃんはきょうここに一緒に立てなかったのはすごく残念に思っています。富美加ちゃんはどう思っているかわからないんですけど、わたしは富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし、一緒に頑張ろうねと言っていたので…」と声を詰まらせ涙。「この作品は富美加ちゃんも含めみんなで一生懸命作り上げたのは嘘はないので、キャストのみんなと耶雲監督と関係者のみんなで1人でも多くに届けられたらと思います」と思いを口にした。

 耶雲哉治監督もW主演の飯豊と清水を「すごく難しい役だったので、でもそれを2人がすごく頑張って役を真正面から見つめて体当たりでやってくれました」とねぎらった。さらに清水について「きょう同じ舞台に立つことができなくて残念なんですが、彼女も役を本当にまじめに考えてくれて」と振り返り、「澄川小百合という役は清水富美加じゃなかったら存在しなかったんじゃないかなというくらい凄みのあるキャラクターになっています」と演技を称えた。

 出演者が降壇する際に、報道陣から飯豊へ「富美加さんから連絡がありましたか?」「富美加さんに連絡はしましたか?」など質問が投げかけられたが、答えず。最後まで降壇スペース付近に残った飯豊は「ありがとうございました」とあいさつし、深々とお辞儀をして舞台下へ降りた。

 清水について、試写会冒頭で司会を務めるフリーアナウンサーの荘口彰久氏が「本日清水富美加さんは事務所側からの申し出により欠席となります」と伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年2月21日のニュース