大塚愛 母の顔チラリ…5歳の愛娘は仕事に理解「何か私に手伝えることない?」

[ 2017年2月1日 14:52 ]

「フラワーズバイネイキッド」オープニングセレモニーに出席した大塚愛
Photo By スポニチ

 歌手の大塚愛(34)が1日、都内で行われたアートイベント「フラワーズバイネイキッド」オープニングセレモニーに登場した。

 大塚は2010年にヒップホップグループ「RIP SLYME」のSU(43)と結婚。翌年3月に第1子となる女児を出産。同イベントは「日本で一番早いお花見」がテーマとあって、お花見について聞かれると「子供が生まれてから行けてない。5歳なので、そろそろ行けたらいいですね」と声をはずませた。

 子供も大きくなり、「やっと自分の時間が持てるようになってきました」と笑顔。「すごい私の仕事に理解を示してくれているので、『何か私に手伝えることないの?』って言ってくれる。なので、すごい手伝ってもらってます」と母の顔も見せた。

 これからの活動について聞かれると「今後もスタンスは変わらず、子供に負担をかけない程度のお仕事ができたらいいなと思ってます」と語った。

 同イベントではお酒も飲めるとあってお酒についても聞かれたが、「たしなむ程度。前は飲んでたが、出産を機にストップしたらあんまり飲めなくなりました」と苦笑いを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年2月1日のニュース