「耳をすませば」10回目でも14・5% 前回上回る人気 高橋一生効果?

[ 2017年1月30日 09:05 ]

「耳をすませば」で声優を務めた高橋一生
Photo By スポニチ

 スタジオジブリの長編アニメ映画「耳をすませば」が27日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で3年半ぶりに放送され、平均14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが30日、分かった。大ブレーク中の俳優・高橋一生(36)が約22年前、バイオリン職人を夢見る15歳の少年・天沢聖司の声を担当したこともSNS上で話題になった。

 10回目の放送だったが、根強い人気を示した。前回(2013年7月5日)の13・3%を1・2ポイント上回った。

 ヒロインの中学3年生・月島雫の声を担当した声優の本名陽子(38)が27日、ニコニコ生放送「スタジオジブリ作品『耳をすませば』をみんなで一緒に見よう」(後8・20)に生出演中のタイミングでブログを更新し、第2子妊娠を発表した。

 1995年7月に公開された近藤喜文監督(98年没、享年47)の傑作。巨匠・宮崎駿監督(76)が脚本・絵コンテを担当した。読書が好きな雫は自分が借りた本の読書カードに必ず「天沢聖司」の名前を見つけ、自分と本の好みが似ている聖司にほのかな恋心を抱く…というストーリー。

 「3週連続 冬もジブリ」と題し、第1週「風の谷のナウシカ」は12・7%、第2週「千と千尋の神隠し」は18・5%と高視聴率を記録した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月30日のニュース