PR:

栗原小巻が弔辞「憧れに近い尊敬」平さんに“感動の瞬間”あった

平幹二朗さん葬儀・告別式

出棺を見送る栗原小巻
Photo By スポニチ

 弔辞は俳優座の後輩だった女優・栗原小巻(71)が務めた。「平さんの演技には、(旧ソ連の著名演出家)スタニスラフスキーの言葉を借りれば“感動の瞬間”があった。私たち後輩は憧れに近い尊敬の気持ちを持っていた」と悼んだ。

 1985年の舞台「NINAGAWAマクベス」が最後の共演。「私たちは言葉の伝わらないオランダの地で力を尽くしました」と振り返り、「平幹二朗さんの芸術への強い意志と、純粋な精神はご子息・平岳大さんに引き継がれます。どうぞ、安らかに」と締めくくった。

[ 2016年10月29日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月24日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル