新垣結衣、契約結婚を肯定「こういう形もあり」星野源ベタ褒めに照れる

[ 2016年10月4日 12:36 ]

TBS新ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」プレミア試写会に出席した新垣結衣
Photo By スポニチ

 女優の新垣結衣(28)と俳優で歌手の星野源(35)が4日、都内でTBSの新連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(11日スタート、火曜後10・00)のプレミア試写会に出席した。

 同ドラマは月刊「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の漫画が原作。新垣が演じる彼氏なし、仕事なしの森山みくりが星野演じる35年間彼女のいない真面目な会社員・津崎と契約結婚するラブコメディー。新垣は自身の役について「一生懸命でこざかしい役なんですが、やるからには愛されたいな」と意気込み。契約結婚について聞かれると「2人の自由だし、こういう形もあり。いいなと思う」と共感していた。

 また、新垣と星野は今作が初共演。新垣の印象を聞かれた星野は「いっしょにいて楽しい。スタジオの外で佇む姿は普通の女の子なのに、カメラの前に立つとスター」とべた褒め。これを聞いた新垣は「もういいです。長い!胸がいっぱいです」と照れることしきりだった。星野は書き下ろした新曲「恋」で主題歌も担当。「楽しいラブソングにしたいと思った。踊りたくなる曲なので、ぜひ踊ってほしい」とアピールしていた。

 ほかに石田ゆり子(47)、大谷亮平(36)、脚本を出がける野木亜紀子氏が出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年10月4日のニュース