今井翼 山田監督と再タッグ 寅さんシリーズ“下敷き”音楽劇主演

[ 2016年9月17日 08:15 ]

山田洋次監督

 タッキー&翼の今井翼(34)が、山田洋次監督(85、写真)が脚本・演出を務める音楽劇「マリウス」(東京・日生劇場、来年3月6~27日)に主演する。2013年11月の舞台「さらば八月の大地」以来のタッグ。瀧本美織(24)林家正蔵(53)柄本明(67)らが共演する。

 フランスの劇作家マルセル・パニョルの戯曲「マリウス」「ファニー」が原作。南フランスの港町マルセイユを舞台にした喜劇で、「セザール」を加えた3作は「マルセイユ3部作」と呼ばれる。山田監督は同3部作が寅さんシリーズの“下敷き”になったと明かし、その舞台演出を手掛けることを「夢と期待に胸躍る思い」と喜んでいる。

 今井は「再び山田監督の下で芝居を学べることに感謝して、この作品が持つ人間の心の通い合いを温かく感じていただけるよう、しっかりと務めます」と気合が入っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年9月17日のニュース