古舘伊知郎、久々のバラエティー司会番組10・9% 得意舞台で存在感

[ 2016年8月26日 11:40 ]

フリーアナウンサーの古舘伊知郎

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が今年3月末にテレビ朝日「報道ステーション」を卒業して以来初めてのバラエティー番組司会を務めたNHK総合「人名探究バラエティー古舘伊知郎の日本人のおなまえっ!」(木曜後7・30)が25日放送され、平均視聴率は10・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

 番組では日本人の名字の世界を雑学や偉人伝、歴史などで紹介した。日本で2番目に多い「鈴木」と、世界でもまれな「東西南北」と方角が入る名字などを特集。知って驚くような知識をおもしろおかしく持ち前のマシンガントークでプレゼンテーションした。

 11年ぶりバラエティー出演した6月10日のTBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」は16・6%、12日の日本テレビ「おしゃれイズム」は13・8%、7月9日のフジテレビ「人志松本のすべらない話」は11・2%と好視聴率を記録。得意舞台で存在感を発揮している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年8月26日のニュース