B’z コナン映画5度目主題歌 興収120億円タッグ復活

[ 2016年2月26日 05:30 ]

アニメ映画「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の主題歌を担当する「B’z」

 ロックデュオ「B’z」が、人気アニメの20周年記念の劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」(4月16日公開)の主題歌を担当する。劇場版のコナンシリーズに主題歌を提供するのは、5年ぶり5作目。過去の4作で計120億円以上の興行収入を叩き出しており、最強タッグで20周年を飾る。

 20作目となる劇場版の主題歌は、新曲「世界はあなたの色になる」(発売未定)。ボーカル稲葉浩志(51)が力強く歌い上げる、ミドルテンポの壮大なロックバラードだ。「名探偵コナン」の原作者の青山剛昌氏が、「今度の映画は真っ黒な話ですが、見終わったあと何色の気持ちになれるかはあなた次第」とコメントしたことを受けて、2人が書き下ろした。

 タッグは、青山氏がB’zの大ファンだったことで99年に始まった。ハラハラするストーリー展開や人間の悲哀などを描く作品に、B’zの曲がマッチするとファンにもおなじみ。今作でテレビアニメ、映画を合わせて計10回目のタイアップとなる。

 劇場版は毎年公開されているが、節目はB’z。06年の10周年、11年の15周年の劇場版でも主題歌を担った。今作でも配給側が「20周年もぜひB’zさんにやっていただきたい」と熱望した。

 B’zは「主題歌を担当させていただき光栄です。劇場版は回を重ねるごとにストーリーが深まっていき、今回はコナンという作品の持つ影の部分もかなりクローズアップされていて、楽曲も今までと違う気分で制作しました」と話している。また、劇中にはギタリストの松本孝弘(54)がギターパートを演奏した、コナンのメーンテーマも流れる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年2月26日のニュース