アイドルイベントで一部ファン暴走…下半身露出など“犯罪”行為も

[ 2016年2月4日 22:11 ]

 3日に東京・渋谷で開催された「JAPAN IDOL SUPER LIVE 2016 vol.2」で女性5人組グループ「まねきケチャ」のライブ中に一部ファンが下半身を露出するなど迷惑行為があったことが分かった。同グループの所属事務所代表が4日にツイッターで明かした。

 日本ツインテール協会の会長で、芸能事務所「コレットプロモーション」代表の古谷完氏はこの日、【お詫び・注意】と題して「安心してライブを楽しめる環境作りを優先させていただきます。厳しい措置かもしれませんが弊社のスタンスとさせていただきます。ご理解願います」とツイートし、文書を掲載。 「一部ファンの行為に不快な思いをされたお客様、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した上で「裸になってのリフトや下半身の露出、係員の制止を無視してフェンスに登る行為、お面をつけた人物に豆を投げつける」と同日のライブであった行為を具体的に明かし、「今後は弊社の関わる全てのライブやイベントの入場をお断りさせていただきます」とした。

 3日のイベントには「まねきケチャ」などアイドルグループ20組が出演。古谷氏はイベント終了後にも「著しい迷惑行為をするファンが数名見受けられました」とツイートしていたが、この日、あらためて「迷惑行為を超え、犯罪に当たる行為」と断罪。出禁だけでなく「同様の件が見受けられた場合には即警察に通報するなど、今後は強い姿勢で臨ませていただきます」と厳しく対処することを示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年2月4日のニュース