野々村真「バイキング」終了直前に到着 ブラマヨ吉田“謝罪会見”要求 

[ 2016年1月25日 12:42 ]

「バイキング」の生放送開始に間に合わなかった野々村真

 タレントの野々村真(51)が25日、雪の影響による新幹線の遅れのため、月曜レギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)のオープニングに間に合わない事態に見舞われた。

 番組がスタートし「西日本の雪の被害がバイキングにもきてしまいました。ご覧の通り、誰かがいない」と切り出したMCの坂上忍(48)。キョトンとする出演者たちに、ブラックマヨネーズ・小杉竜一(42)が「忍さんの親友がいないじゃないですか!」と指摘し、野々村の不在が明らかになった。

 坂上は「新幹線が止まっちゃったみたいで」と視聴者へ事情を説明。スタジオへ向かっていると思われる野々村へ電話をつなごうとするも失敗し「いいです。まこちゃんがいないことで滞りなく進みますから」と話し、笑いを誘った。

 番組は野々村不在のまま進行し、最後のコーナーが終了した。すると、ゲストで医師ジャーナリストの森田豊氏(52)は、名古屋から新幹線で来たにもかかわらず生放送に間に合ったことが発覚。「どういうことなんだ」と野々村に対するブーイングが起こる中、ブラックマヨネーズ・吉田敬(42)は「謝罪会見してもらいましょう」と提案した。

 この日は姿を現さないと思われた野々村だが、明日の予告の放送中に画面左上のワイプに登場。「間に合った!新幹線2時間も遅れた」とアピールし、番組は終了した。

 東京方面の新幹線は25日午前、雪のため最大2時間の遅れで運行した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月25日のニュース