五代様死す…朝ドラ受けで有働アナ涙「心の整理がまだつかない」

[ 2016年1月22日 08:21 ]

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚を演じたディーン・フジオカ

 俳優のディーン・フジオカ(35)がNHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)で演じた近代大阪経済の父・五代友厚が22日の放送で最期を迎えた。

 女優の波瑠(24)が演じるヒロイン・白岡あさの師で、視聴者から「五代様」と親しまれた。今月7日に制作統括の佐野元彦プロデューサーが五代の死を明かすと、インターネット上には女性ファンから悲鳴の声が相次いだ。

 “朝ドラ受け”でおなじみの同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の有働由美子アナウンサー(46)は「3月まで放送があるんだから、もうちょっと先までねえ…2月くらいまで生きて…」と涙しながら五代の死を悲しんだ。直後に五代を演じたディーン・フジオカがスタジオゲストで登場。ディーンを前に有働アナは「心の整理がまだつかない」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年1月22日のニュース