SMAP “マネ不在”は原点 かつては「メンバー同士で予定確認して仕事に」

[ 2016年1月20日 05:30 ]

SMAPの騒動を伝えるスポーツニッポン

 SMAPの存続発表から一夜明けた19日、メンバーはテレビ番組の収録などに臨んだ。ただ、今月で退社する意向の女性マネジャー(58)が所在不明のままだ。

 だが“マネジャー不在”は、SMAP激動の25年の原点だ。結成から3年後の91年にCDデビューした時「まともなマネジャーも付いていないような中、メンバー同士でスケジュールを確認し合って仕事に行っていた」(関係者)という。

 SMAPの再起は、ジュリー氏体制を見据えるジャニーズ事務所にとっても避けて通れない道。存続表明を受け、ネット上では「パワハラ体質」と指摘されるなど事務所に厳しい目も注がれている。宙に浮いた史上最強のアイドルグループをどうかじ取りしていくのか。事務所残留後の“再分裂”は、活動停止という事態を招きかねない。日本だけでなく世界が、その行方を注視している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月20日のニュース