ジャルジャルまさかの失速…第1Rで高得点も最終Rで得票1

[ 2015年12月7日 08:40 ]

M―1グランプリ2015

 第1ラウンドで最高点の834点を叩き出し、1位通過した「ジャルジャル」は最終決戦で得票1にとどまり、2票の「銀シャリ」にも後れを取る失速となった。

 第1ラウンドでは独特の言葉遊びや「雷坊主の添い寝節」など意味不明な自作のことわざのラッシュで独創性を見せ、福徳秀介(32)は「人間として普通なんで、ネタで頑張らないと、という芸人としてのコンプレックスがある」と自信を見せていたが、栄冠には届かなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年12月7日のニュース