西川きよし 交通遺児支援呼びかけ 募金活動に参加

[ 2015年10月18日 05:30 ]

「第91回あしなが学生募金」で支援を訴える、西川きよし(左から2人目)

 タレントの西川きよし(69)が17日、大阪市内で開催されたあしなが学生募金に参加し、支援を呼びかけた。

 同募金は事故や災害などで親を亡くした遺児を支援する、学生による募金活動で、69年から奨学金で約9万5000人の遺児の“進学の夢”を支えてきた。「30年前から趣旨に賛同した」西川は毎年、春と秋、ナンバ・高島屋前での募金活動に参加してきた。「3人の子供の親として、僕と(夫人の)ヘレンが急にいなくなったら子供たちはどうなるのか」。当時、未成年の子供3人を持つ親としての責任感もその背中を押した。さらには自身の経験、「僕もオヤジの病気で上の学校(高校)に行けなかった。その気持ちはよく分かる」との思いも、支援活動に駆り立てた。この日もなんばグランド花月での1回目の出番を終えて駆けつけると、午前11時半から30分間、道行く人に支援を訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月18日のニュース