タッキー海外舞台デビュー!シンガポールに雪降らせた!

[ 2015年8月19日 05:30 ]

 タッキー&翼の滝沢秀明(33)が海外舞台デビューを果たした。10周年を迎えた主演舞台「滝沢歌舞伎」の海外公演が18日、シンガポールの高級ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」のグランドシアターで開幕した。

 ジャニー喜多川社長が手掛ける作品の海外進出は初めて。セリフを極力減らして、「ザ・ジャニーズ」と言える、ダイナミックなパフォーマンスを次々に展開。約2200人で満員の客席はフライングやアクロバットなどのたびに驚きの声と大きな拍手に包まれた。

 舞台のテーマは「日本の四季」。公演ラストには滝沢がフライングする中、冷たい雪を降らせた。現地は30度超えの蒸し暑さ。人工降雪機12台を日本から持ち込んで実現した演出で、冬を知らないシンガポールの観客は大喜び。滝沢自らオーディションで選んだ現地の子供たちによるダンサーも登場。現地で親しまれる民謡「ラサ・サヤン」を会場全体で合唱し、建国50周年を迎えた同国を祝福する場面もあった。

 現地在住の会社員女性(21)は「最高です!出演者全員で太鼓を叩く場面がすごく良かった」と絶賛。ジャニーズファンという会社員ジョイス・トーさん(37)も「ラサ・サヤンをみんなで歌えたのが良かった」とうれしそうに語った。

 公演前の会見で、ジャニー社長から「海外公演はゴールじゃない、スタートだよ。成功を日本に持って帰ってこい」と言われたことを明かした滝沢。終演後、総立ちになる客席に感無量の面持ちを浮かべ、「日本と違った新鮮なリアクションで、ものすごく手応えを感じました」と興奮気味に語った。

 海外公演は23日までの8公演を予定。松竹によると、全席完売しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年8月19日のニュース