“リアルバービー”ダコタ・ローズ、整形した?に「してねーよ」

[ 2015年7月9日 20:58 ]

海外ドラマ「GRIMM/グリム シーズン3」のプレミア試写会に特殊メーク姿で登場したダコタ・ローズ

 “リアルバービー人形”と話題のアメリカ人モデル、ダコタ・ローズ(19)が9日、都内で行われた海外ドラマ「GRIMM/グリム シーズン3」のプレミア試写会に出席。女神の特殊メークを施していることから、司会を務めたお笑いコンビ「パックンマックン」のパックンが冗談めかして「整形した?」と聞くと、ダコタは「してねーよ!」と鋭い口調で否定した。

 ネット上で整形疑惑などがささやかれている事を気にしての言葉だったのか、反応はかなり早かった。それでもモンスターメークを施した映画コメンテーターのLiLiCo(44)や、柔道家でタレントの篠原信一(42)の怪物顔を見て「凄くうらやましいし、カッコいい。もっと私もしてほしいくらい」と変身願望を口にしていた。

 一方のLiLiCoは「可愛く生まれるとここまで扱いが違う。全部変えたいわ」と憧れの眼差しで「そろそろ男が欲しい。心は冬眠中。なんか冷めているの。仕事には燃えているけれど、男性をハンティングする気がない」と溜息まじり。ただ今夜はお笑いコンビ・パンサーの菅良太郎(33)とデートの予定があるそうで「本当はこのまま行きたいけれど、写真を送ったら“NO”って言われた。パンサーの中では菅さんがいい。向井(慧)さんのようにソフティな日本的さわやかイケメンという人には惹かれなの」と報告していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年7月9日のニュース