嵐・相葉 月9撮了に晴れやか笑みで達成感「とても濃い時間」

[ 2015年6月15日 07:00 ]

15日に最終回を迎えるフジテレビ「ようこそ、わが家へ」。主演の相葉雅紀はクランクアップに晴れやかな笑みで達成感

 「嵐」の相葉雅紀(32)が主演を務めるフジテレビ「ようこそ、わが家へ」(月曜後9・00)は15日、最終回(第10話)を迎える。ドラマは13日未明にクランクアップ。82日間の撮影を終えた相葉は晴れやかな笑みを満面に浮かべ、月9初主演をやり遂げた達成感がにじんだ。あいさつで「もう終わりかという感じがします。1話を撮っている時は、この撮影スピードでは恐らく1年以上かかるんじゃないだろうかと思いました」と冗談めかして笑いも誘い、役者・相葉を絶賛していた名匠・中江功監督(52)とハグをした。

 TBS「半沢直樹」などで知られる直木賞作家・池井戸潤氏(51)の同名小説を原作に、ストーカーの恐怖と企業の謀略に立ち向かう家族を描くサスペンスタッチのホームドラマ。「愛という名のもとに」「ひとつ屋根の下」など1990年代の数々の名作から「空から降る一億の星」「プライド」「Dr.コト―診療所」シリーズ、映画「冷静と情熱のあいだ」などを手掛けた中江監督の演出で、異色の「怖い月9」として話題を呼んだ。

 主人公・倉田健太を相葉、その家族を寺尾聰(67)南果歩(51)有村架純(22)、健太とともにストーカーを追う雑誌記者・神取明日香を沢尻エリカ(29)が演じた。

 ドラマの最後の部分、倉田家のセットで撮影終了。相葉は中江監督から花束を送られ、共にした苦労や喜びを確かめ合うように抱き合った。

 相葉は「すごく素敵な家族の皆さんと、スタッフの皆さんと、3カ月以上というとても濃い時間を過ごさせていただきました。皆さんに出会えて、この作品に出会えて、そして倉田健太に出会えて本当によかったなと思っています」と充実の日々を回顧。「この作品は終わりますが、また皆さんと出会える日が来ればいいなと思っています。その時は、またよろしくお願いします。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 相葉の「1話を撮っている時は、この撮影スピードでは恐らく1年以上かかるんじゃないだろうかと思いました」というコメントに、中江監督は「自分自身としては、いつもより早い撮影ペースだったと思う」と返し、またスタジオは笑いに包まれた。「今回、相葉雅紀と出会えて本当によかったです」と感無量の言葉を送り、スタジオ外へ続くドラマ全スタッフが手と手を合わせて作ったアーチ状の花道が相葉を送り出した。

 最終回は15分拡大スペシャル。健太が割り込み乗車をしようとしたニット帽の男を注意してから、相次いだ壮絶な嫌がらせ。次々と犯人が姿を現す中、すべてのきっかけはニット帽の男と判明。健太は絶対に決着をつけると誓い…そして、すべての謎が明らかになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年6月15日のニュース