織田裕二&中井美穂 世界陸上10大会連続メーンキャスター

[ 2015年5月22日 05:30 ]

TBSが独占中継する「世界陸上北京」のメーンキャスターを務める織田裕二(左)と中井美穂。ウサイン・ボルトの「サンダーボルトポーズ」で笑顔
Photo By スポニチ

 TBSが独占中継する「世界陸上北京」(8月22~30日)のメーンキャスターが、俳優の織田裕二(47)とフリーアナウンサーの中井美穂(50)に決まった。

 97年アテネ大会から10大会連続での起用。スタッフを含め、同局の世界陸上の中継にかかわる年数は2人が最長。織田は「まさかこんなに長く続くとは思わなかったので、驚きと同時にうれしいという気持ち」と話した。

 注目競技は、大会初日に予選が行われる男子100メートル。ジャマイカの英雄ウサイン・ボルトに、日本の新星・桐生祥秀が挑む戦いだ。「予選から一緒になる可能性だってあるので本当に楽しみです」と期待している。ボルトの世界記録更新はもちろんだが、期待は桐生の日本人初の9秒台。3月に追い風参考ながら9秒87をマークしており、「桐生選手は何か持ってるような気がするんですよ。これは楽しみでしょ!」と興奮気味だ。

 TBSではゴールデン帯を中心に64時間にわたる生中継で大会の模様を伝える。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年5月22日のニュース