たかみな 自虐コメント、卒業発表で「失態」トホホ…言い間違い

[ 2014年12月10日 05:30 ]

来年の卒業を発表したAKB48の高橋みなみ(C)AKS

 AKB48グループ総監督の高橋みなみ(23)が1年後に卒業することを発表してから一夜明けた9日、卒業発表の瞬間を「失態」と自虐気味にコメントした。

 この日朝からテレビ各局も大きく報道。前夜の様子をニュースで見直した高橋はトークアプリ「755」になぜか「失態」と投稿。実はファンに卒業を告げる大事な局面で「私、高橋みなみは2005年…2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」とかんでしまった。その姿がお茶の間で繰り返し流れてしまい「いっぱい使われてる」「恥ずかしい」と照れ隠しに躍起だった。

 前夜は、公演後に総合プロデューサーの秋元康氏(56)やメンバーとイタリアンレストランで打ち上げ。この日は午前から都内のスタジオでメンバーとともに9月までレギュラーを務めていたフジテレビ「新堂本兄弟」の新春特番の収録に臨んだ。関係者によると、やや疲れも残っている様子だったが、すっきりした表情をしていたという。共演者にも1年後の卒業を報告し、西川貴教(44)はツイッターで「いつもと変わらない元気な表情の総監督と会えて、ホッとしました」と伝えた。

 所属事務所によると、来年の卒業後も芸能活動は続ける。1年半以上発売されていないソロCDの新作に関して所属レコード会社は「まだ何も決まっていない」と答えるにとどまった。

 一方、高橋から次期総監督に指名された横山由依(22)は心境をツイッターに投稿。「先輩たちがいる間に色々学んでメンバー、支えてくださるファンの皆さんと一緒に一歩一歩進んでいきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年12月10日のニュース