ASKA薬物事件が影響…「セーブ・ザ・チルドレン」活動終了

[ 2014年7月7日 05:30 ]

 CHAGE and ASKAが、93年から活動を続けてきた「セーブ・ザ・チルドレン」の活動を終了することになった。公式サイトで6日、発表した。

 ASKA(本名宮崎重明)被告(56)が起こした一連の薬物事件が影響したとみられ、公益社団法人のセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからの申し入れがあったという。

 1919年に子供の権利保護を目的に英国で設立された非政府組織(NGO)で、日本の組織は86年に設立。チャゲアスは「セーブ・ザ・チルドレン・ウィズ CHAGE and ASKA」として募金を募ってきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年7月7日のニュース