“美人すぎるAD”が女子アナ転身!TBS笹川さん7・5デビュー

[ 2014年6月28日 05:31 ]

ADから転身。アナウンサーとして新たなスタートをきる笹川友里さん

 TBSに異色のアナウンサーが誕生する。“美人すぎるAD”として話題になった入社2年目の笹川友里さん(23)がこのほど、同局アナウンス部に異動。新人女子アナとして、7月5日から情報番組「王様のブランチ」(土曜前9・30)でデビューすることが決まった。笹川さんは「夢のようです。皆さんが笑顔になれるアナウンサーになりたい」と意気込んでいる。

 存在感のある大きな瞳と、整った顔立ちが印象的な笹川さん。中学から大学までの先輩で同局の林みなほアナ(24)が「美人AD」とブログで紹介するなど、その美女ぶりが話題になったこともある。テレビ関係者によると「近年、キー局ではADからアナウンサーへの転身は聞いたことがない」という異例の抜てき。現在は発声練習や原稿読みの研修中だ。

 笹川さんは就職活動で、TBSのアナウンサー試験を受けたが不合格。その後行われた一般職の試験に合格し、昨年4月に情報番組やバラエティーを制作する情報制作局に配属された。人気情報番組「王様のブランチ」のADとして1年間、ロケ先への連絡や、出演者とスタッフの弁当の手配、編集作業の補佐など裏方の仕事に従事した。

 突然告げられた異動には「アナウンサーの夢は忘れて仕事をしていたので、聞いた時は信じられませんでした」と本人もビックリだった。

 同局アナウンス部は「TBSは適材適所の人事が方針。笹川はアナウンサー志望だった社員で、入社後も注目していました」と説明。「制作現場でひた向きに仕事に取り組む姿勢と生放送にも対応できる機転、爽やかさが画面にも伝わってきそうなビジュアルも含め、ADの経験を生かし、ぜひアナウンサーで力を発揮してほしいと思いました」と話している。

 デビューは“古巣”の「王様のブランチ」で、進行を担当する。「スタッフとしてかかわっていた番組でのスタートは本当にありがたいこと。先輩に教えていただきながら、どんなジャンルもこなせるアナウンサーになりたい」と夢を語る。また、7月24日スタートのバラエティー「WADAIの王国」(木曜後11・53、関東ローカル)にもレギュラー出演が決まった。

 ◆笹川 友里(ささがわ・ゆり)1990年(平2)9月5日、神奈川県生まれ。日本女子大家政学部卒。日本女子大付属高校ではチアリーディング部、大学では体育会ゴルフ部に所属したスポーツウーマン。ゴルフのスコアは「100を切らないぐらいです」。身長1メートル68。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年6月28日のニュース