さしこお先に!?高崎山のサル総選挙は「ピーちゃん」が連覇

[ 2014年6月7日 16:26 ]

大分市の高崎山自然動物園の人気ザル選抜総選挙で連覇を達成した「ピーちゃん」(同園提供)

 AKB48の「選抜総選挙」と同じ6月7日、野生ザルの餌付けで有名な高崎山自然動物園(大分市)で、雌ザルの頂点を競う「人気ザル選抜総選挙」が行われ、3歳の「ピーちゃん」が連覇を達成した。

 高崎山の「総選挙」では、雌ザル15匹と、園職員の女性1人がエントリー。1位になれば高崎山の顔として、夏に園内で配られるうちわの真ん中に写真が載る。AKBの選抜メンバーと同じ1~16位が決まり、「候補」は人間なら3~100歳の1~30歳の15匹と、園職員で唯一出馬した尾藤恭子さん(38)。サルは、現在2つある群れの所属別に「TEAM B」「TEAM C」と分かれ、尾藤さんだけ「TEAM T」。

 入園料(大人510円、小中学生250円)を支払った来園者は、園内2カ所に設置された投票所で直接投票できる。また、動物園のホームページからも1日1回の投票が可能。5月20日午前10時から6月6日午後3時までと投票期間もAKB48と同じ。総投票数は2433票で、羽のように見える背中の白い毛が特徴で3歳の「ピーちゃん」が269票を集め、AKB48では誰も達成していない2連覇を果たした。

 園職員として唯一エントリーした尾崎さんは266票で昨年に続き2位。今回が最後の出馬と意気込んでいたが、女王・ピーちゃん超えはならなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年6月7日のニュース