千葉雄大 「天使系男子」は引っ張りだこ 「いいとも」後番組初レギュラー

[ 2014年3月14日 05:30 ]

人気急上昇中の千葉雄大

 透明感抜群のルックスで「天使系男子」と呼ばれ人気上昇中の俳優、千葉雄大(25)がバラエティー番組に初めてレギュラー出演する。

 フジテレビ「笑っていいとも!」の後番組として4月1日にスタートする生活情報バラエティー(番組名未定、月~金曜前11・55)で、金曜日レギュラーを担当。金曜日のMCを務めるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の冠番組「アメトーーク!」を見て、トークの研究をしており「話を振られた時のために常に答えを用意しておくことが大切なのかな。不安もありますが楽しみです」と張り切っている。

 戦隊シリーズ「天装戦隊ゴセイジャー」(10年)で俳優デビュー。この時、天使をモチーフにした役を演じたこともあって「天使系男子」と呼ばれる。放送中のフジテレビ「失恋ショコラティエ」には、有村架純(21)演じる女性を振り回すモテモテの青年役で出演。現在、映画やドラマに引っ張りだこで、ブレーク必至の若手俳優として注目されている。

 番組の小仲正重チーフプロデューサーは「格好いいよりカワイイと言われる新しいイケメン。カメラの撮られ方もファッションも趣味もカワイイ。でもオネェではない」とその魅力を説明。フジ期待の新番組への起用を「芸能界の中でも、希少で貴重な存在だと感じたから」と明かした。

 大の音楽好き。撮影の合間に愛用のギターを弾くこともある。「新番組でも自分らしさを出せればいいなあ」。エンゼルスマイルが視聴者のハートをわしづかみにしそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年3月14日のニュース