仲代達矢 同級生・宇津井さんの訃報に悲痛「私1人が取り残された」

[ 2014年3月14日 22:20 ]

仲代達矢

宇津井健さん死去

 俳優の仲代達矢(81)は俳優座養成所4期生の同期・宇津井健さん(享年82)の訃報にショックを隠さなかった。

 1952年に入所。年齢は宇津井さんが1つ上だが「3年間一緒に勉強した同級生」で、60年来の付き合い。「もや」(ボーッとしている)「健坊」と呼び合う仲だった。

 親友だった同期の中谷一郎さん(2004年没、享年73)佐藤慶さん(2010年没、享年81)に続く旅立ちに「私1人が取り残されたようだ。非常に残念。訃報を聞いてから『健坊、健坊』と心の中で叫んでいる」と悲痛な思いを明かした。

 宇津井さんは53年「思春の泉」で映画デビュー。明るく健康的な魅力で売り出し、メロドラマやアクションもので人気者となった。「暗い役が多かった私とは対照的」と評し「本人も非常に明るいやつで、私よりずっと長生きすると思っていた」としのんだ。

 2009年7月にはテレビ朝日「徹子の部屋」で共演。食事などの近況、ともに夫人に先立たれた思いなどを語り合っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月14日のニュース