佐村河内氏 これが18年の真実?「新垣さんは私を甘く見ていた」

[ 2014年3月8日 05:30 ]

時折考えながら発言する佐村河内守氏
Photo By スポニチ

佐村河内氏 一問一答(1)

 私のウソによることで非常にご迷惑をおかけしたことをおわびします。障害者手帳は検査の結果、返納しました。いまの私には信用というものがまったくない。本日の会見では天地神明に誓って、ウソ偽りない真実を申し上げます。テレビ出演は本日をもって最後といたします。

 (新垣氏が)「もうこんなことやめにしよう」と言ったなんて全くのウソです。新しいコンセプトを思いつき、楽曲作ろうとするとき、新垣さんは新宿の喫茶店で「次も曲作りたい」と話して、私が最初にギャラを提示しても、間違いなく首を振る。値段をつり上げると顔を渋くして“う~ん”と言う。その後、もう少し値段を上げると笑顔で“いいですよ”と。これが18年の真実です。本当に心からやめようと思った人の発言でしょうか。雑誌を見て、私は目を疑いました。

(17分間しゃべり通した後、質問を受ける)

 ――自身の名義で発表された曲の著作権は?新垣氏は放棄すると主張しているが。

 いま、新垣さんが何を思われているか分からない状態。

 ――今後も著作権を主張し続けるか?

 それは、とても難しい。新垣さんは私が設計図を立てるのに心を砕いた「交響曲第1番」について、「実験的なもの」とか「宇宙戦艦ヤマトだ」とか…ゴーストライターとして信頼していたのに、そのようなことを言われショックを受けた。「ヴァイオリンのためのソナチネ」のような有名になった曲は自分の曲と主張されている。きちんと(私の)設計図に基づいていたにもかかわらず、「私の傑作です」とおっしゃっているのが疑問です。

 ――どういう思いで18年仕事を続けたか?

 新垣さんは私を甘く見ていた。「佐村河内は絶対に私がバラさないと思っていた」と話していたが、そんなことはない。私自身がテレビに取り上げられて、どんどん大きくなって恐怖を覚えていた。いつかバレるんじゃないかと思った。10年後にやめて、撤退しようという思いでいた。新垣さんからは(騒動の一端となった)「新潮45」を読んで「怖くなったからやめましょう」と言われた。日本コロムビアさんから「次の作品を」と要望があったので、あと2つの曲だけお付き合い願えないかという話をした。3年に1曲ということであと2曲で引退しようという気持ちでいた。

 ――罪の意識は?

 (しばらく間を置いて)ありました。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月8日のニュース