「舟を編む」が作品、監督賞など6冠 日本アカデミー賞

[ 2014年3月8日 05:30 ]

最優秀主演男優賞の松田龍平、最優秀主演女優賞、同助演女優賞をダブル受賞した真木よう子、最優秀助演男優賞のリリー・フランキー

 第37回日本アカデミー賞の授賞式が7日、東京都港区のホテルで開かれ、石井裕也監督の「舟を編む」が作品賞や監督賞など最多6部門で最優秀賞を受賞した。

 「舟を編む」は三浦しをんさんの同名小説が原作。ある出版社の辞書編集部に集められた個性的な面々が、歳月をかけて新しい国語辞書作りに挑む姿を描いた。

 主演男優賞は同作の松田龍平が受賞した。主演と助演の各女優賞は真木よう子がそれぞれ「さよなら渓谷」「そして父になる」で受賞。俳優部門のダブル受賞は第2回の大竹しのぶ以来35年ぶり。助演男優賞は「そして父になる」のリリー・フランキー。

 アニメ作品賞には宮崎駿監督の「風立ちぬ」が選ばれ、外国作品賞はトム・フーパー監督の「レ・ミゼラブル」が受賞した。

 ほかの部門の最優秀賞は以下の通り。(敬称略)

 脚本賞=渡辺謙作(舟を編む)▽編集賞=普嶋信一(同)▽録音賞=加藤大和(同)▽美術賞=吉田孝(利休にたずねよ)▽撮影賞=笠松則通(許されざる者)▽照明賞=渡辺孝一(同)▽音楽賞=久石譲(風立ちぬ)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月8日のニュース