TBS大人のドラマ枠「火10」新設 第1弾は舘ひろし&浅野温子

[ 2014年2月25日 06:00 ]

夫婦役が評判の舘ひろし、浅野温子

 4月からTBSで火曜午後10時台にドラマ枠が新設される。第1弾は舘ひろし(63)と浅野温子(52)が夫婦役を演じる「なるようになるさ。」のシーズン2。前作は昨年7~9月に金曜午後10時枠で放送され、05年公開の映画「まだまだあぶない刑事」以来、8年ぶりの共演で話題となった。

 息の合った掛け合いと橋田壽賀子氏(88)の脚本による人間ドラマが支持され、最高視聴率16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、全11話の平均が13・0%。視聴者から続編を望む声が多数寄せられていた。

 火曜午後10時台はバラエティー番組が放送されてきた。だが、同局は「ドラマ好きな大人に向けて、上質なラインアップを編成します」と改編を決定。NHKとフジテレビも同時間帯にドラマを放送しており、ここに参戦して行くことになる。

 シーズン2は、夫婦の自宅を改装して造ったレストランに、渡辺美佐子(81)、南沢奈央(23)、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(いのお・けい、23)が新たな従業員として加わり、それぞれの事情や問題に立ち向かう姿を描く。橋田氏は「高齢者と多感な若者たちが、これからの時代を他人同士の家族として、どう生きていくのか?私なりにこうありたいという部分をできる限り書いていきたい」としている。

 舘は「今回は前作よりも夫婦の関係がより深くなっているように感じます。俳優としてお互いに求めるものもより深くなって、温子と夫婦を演じることが楽しいです」とノリノリで収録に臨んでいる。初回は午後9時からの2時間スペシャル。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年2月25日のニュース