東尾理子 愛息の進路めぐり夫と対立?石田純一はメジャー希望

[ 2014年1月28日 21:07 ]

長男の進路で悩む?東尾理子

 プロゴルファーでタレントの東尾理子(38)が28日に放送された日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演し、長男・理汰郎くん(1)の進路で夫の俳優・石田純一(60)ともめていることを明かした。

 理子は「私立だとか、インターナショナルスクールだとかいろいろ選択肢があるから」と悩みを吐露。野球好きで知られる石田は「高校野球」を意識した進路選びを考えていることを明かした。さらに石田は将来的には米大リーグでも活躍する選手になってもらいたいと考えているといい、大リーグの球場などを見せては「将来、ここでプレーしようね」などと長男に声を掛けているという。

 将来プロ野球選手になるためには高校の選択が大事か…と、司会の明石家さんま(58)がゲストのプロ野球広島・前田健太投手(25)に意見を求める場面も。前田投手が「高校(選び)は大事ですよ」と助言すると、理子は「またそんなこと言った」とさらに石田ともめると思ったのか苦笑いを見せた。

 また、理子の父で元プロ野球選手・監督の東尾修氏(63)は娘の妊娠が判明してから、「孫に野球を教えるんだ」と引退後、していなかったランニングを始め、最近は筋トレまでスタートしたという。そんな父について理子が「プロのアスリートとしては尊敬します」と言うと、さんまから「でも男としては違うやろ?」とツッコミ。理子は「そうですね」と笑っていた。

 理子は昨年9月に行われたトークショーで、修氏とは冗談めかして「大リーグが駄目ならプロゴルファーで仕方がない。それが駄目なら俳優」と話していることを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月28日のニュース