スポンサーがいない…日テレ「明日ママ」異例の全社CM見合せ

[ 2014年1月28日 05:50 ]

 連続ドラマ「明日、ママがいない」が児童養護施設の団体などから内容改善を求められている問題で、日本テレビの大久保好男社長は27日、定例記者会見で「抗議や申し入れは重く受け止めるが、最後まで見ていただければ私たちの意図が理解していただける」として、当初の予定通り全9話を放送する意向を明らかにした。

 一方、番組スポンサーの花王、三菱地所、小林製薬は同日、29日放送の第3話について、CMをACジャパン(旧公共広告機構)の公共CMに差し替えることを決定。番組を提供しているスポンサー全8社がCM放送を見合わせることになった。契約は継続しているが、全社がCMを見合わせるのは異例。

 会見で、佐野譲顕制作局長は「最終話までストーリーは完成している」と、脚本や演出の大幅な変更は予定していないと明言。「子供たちの視点から愛情とは何かを描きたい」と、あらためてドラマのテーマを説明した。

 ドラマをめぐっては「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する慈恵病院(熊本市)や全国児童養護施設協議会が「養護施設の子供や職員への誤解や偏見を与えかねない」として放送の中止や内容改善を求めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月28日のニュース