D―BOYS 羽織、袴姿でDVDをPR

[ 2014年1月5日 22:57 ]

DーBOYSの前列左から三津谷亮、阿久津愼太郎、西井幸人、陳内将、山田裕貴、後列左から白又敦、土屋シオン、前山剛久、近江陽一郎、山口賢貴、上鶴徹、根岸拓哉

 若手俳優集団D―BOYSのメンバー12人が5日、都内でDVD「局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~」発売記念イベントを行った。

 三津谷亮(25)をはじめ、阿久津愼太郎(18)西井幸人(18)、陳内将(25)、山田裕貴(23)、白又敦(19)、土屋シオン(21)、前山剛久(22)、近江陽一郎(24)、山口賢貴(27)、上鶴徹(24)、根岸拓哉(17)がそれぞれに色や柄の異なる羽織、袴姿で参加し、そのメンバー12人はこの日、囲み取材前、購入者を対象にしたハイタッチ会を開き、5000人のファンたちと楽しくふれあった。

 三津谷は「今日は5000人の方々とハイタッチ会をさせていただきましたが、年始からお客さんとコミュニケーションをとっていいスタートが切れたのは、僕たちにとって貴重な経験になりました。2014年は馬の力を借りて、馬力を出して頑張っていきたい」。

 阿久津は「僕たちは、ふだんは役者の活動をしているんですけれど、(昨年8月に)初めて歌に特化したライブをやらせていただき、その模様がDVDに詰まっています。通常版と初回限定版の2つがあって、どちらも特典映像の内容が違いますが、そのDVDがオリコンのデイリーチャートで7位をいただきました。本当にうれしく思っています。そんな僕たちの成長が見れるDVDになっています。僕はいま高校3年生ですが、今年で高校を卒業して大学に行くとDグループから高校生がいなくなるので、自分が大学を卒業したあとももっともっとこのグループが大きくなっていくことを夢見て、まずその第一歩として2014年をしっかり頑張りたいと思います」。

 西井は「ふだんは役者として活動しているんですけれど、今回はみんなで集まってライブをやらせていただいて、DVDが発売され、今日も5000人というたくさんの人に囲まれて、すごいいろんな人に支えられているなと、改めて感じた一日でした。Dグループとしていい1年のスタートを切ることができたので、今年も頑張っていきたい」と、それぞれがDVDや今年にかける意気込みなどを話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年1月5日のニュース