PR:

勘三郎さん 結婚記念日に納骨式、三田寛子は松葉づえで参列

中村勘三郎さんの納骨式を行った(左から)勘九郎、七之助ら

 昨年12月5日に急性呼吸窮迫症候群のため死去した歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(享年57)の一周忌法要と納骨式が27日、東京都台東区の西徳寺で行われ、約150人が参列した。

 長男の勘九郎(32)は「こんなに早く感じる1年はありませんでした。父がいない日々が1年過ぎてしまったんだなと感じます」とあいさつ。次男の七之助(30)と並び「手と手を取り合い、歌舞伎の道を精進していきたい」と誓った。

 関係者によると、妻の好江さんは遺骨を近くに置いておくことを望んでいたが、先月行われた「一周忌メモリアルイベント」で勘九郎の長男・七緒八(なおや)くん(2)が大観衆の前で堂々と舞踊を披露する姿を見て、「中村屋もこれで大丈夫」と安心し納骨を決意。一周忌の12月5日が歌舞伎公演と重なるため、勘三郎さんと好江さんの結婚記念日でもあるこの日に納骨式を行った。

 骨つぼは陶芸家の中村錦平氏が縄文土器をモチーフに作成。縄文土器が持つ「歴史」などの意味合いが「日本一の歌舞伎役者の遺骨の器にふさわしい」と説明しており、側面には中村屋の定紋である角切り銀杏(いちょう)にちなみ、銀杏の模様が施された。勘三郎さんの父で88年に亡くなった十七代目勘三郎さんと同じ墓に納骨された。

 生前親交の深かった女優の大竹しのぶ(56)や俳優の柄本明(65)、歌舞伎関係では松本幸四郎(71)や、すい臓がんの手術を受け療養中の坂東三津五郎(57)らが参列。女優の三田寛子(47)は松葉づえ姿。2週間前に自宅玄関前の縁石で転んで左足の甲を骨折し、手術する可能性もあると明かし「完治には年内いっぱいかかる」と話した。

[ 2013年11月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月15日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル