堺雅人 一躍“視聴率男”に…「リーガルハイ」瞬間最高は23・5%

[ 2013年10月10日 10:17 ]

「リーガルハイ」の(左から)岡田将生、堺雅人、新垣結衣

 9日にスタートした堺雅人(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「リーガルハイ」(水曜後10・00)の初回平均視聴率が、21・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。堺が前クールで主演した大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS)の初回19・4%を上回る好スタートを切った。

 昨年4~6月に放送された「リーガルハイ」第1シリーズの初回平均視聴率は12・2%。今回は一躍注目度がアップした堺の主演作とあり、大幅に数字を伸ばした。瞬間最高視聴率は午後11時17分の23・5%で、主題歌「SLY」が流れる終盤のシーンだった。関西地区は平均23・1%、瞬間最高26・7%だった。

 同ドラマの企画・プロデュースを担当するフジテレビ・ドラマ制作部の成河広明氏は「何より、こんなに多くの皆さまにリアルタイムで見ていただけたことに、キャスト、スタッフ一同、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。このうれしさを糧に、第2話以降も皆さんに楽しんでいただけるように頑張ります!!とは言え、『チーガルハイ』は『リーガルハイ』。今後のバカバカしい展開も、ひとつ広い心で優しく見守ってくだされば幸いです」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2013年10月10日のニュース