中村福助 来年に「七代目歌右衛門」襲名へ 大名跡13年ぶり復活

[ 2013年9月3日 13:01 ]

「七代目中村歌右衛門」を来年に襲名することが決まった中村福助

 松竹は3日、歌舞伎俳優の中村福助(52)が歌舞伎の女形の大名跡である中村歌右衛門の七代目を来年襲名すると明らかにした。福助は4日に東京都内で記者会見する。

 歌右衛門は江戸時代半ばの初代に始まり、五代目は明治末から昭和初めを代表する女形だった。六代目歌右衛門さんは「女形の至宝」と言われ、戦後の歌舞伎界で頂点を極めて2001年に死去。今回、歌右衛門の名前が13年ぶりに復活することになる。

 福助は七代目中村芝翫さんの長男で、1967年に初舞台。92年に九代目中村福助を襲名した。

 歌右衛門襲名と同時に、福助の長男の中村児太郎(19)が十代目福助を襲名する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年9月3日のニュース