NHK「信頼を揺るがせた」 森本健成アナを停職3カ月

[ 2012年12月13日 17:28 ]

NHKの森本健成アナウンサー

 NHKは13日、電車内で20代女性の胸を触ったなどとして強制わいせつ容疑で逮捕され、その後不起訴となった森本健成専任アナウンサー(47)を停職3カ月の懲戒処分にすると発表した。処分は20日付。

 森本アナは11月14日夜、東急田園都市線渋谷~二子玉川間を走行中の急行電車内で女性の下着の中に手を入れ、胸を触った疑いで警視庁に現行犯逮捕。16日に釈放され、今月7日付で不起訴処分となった。被害者に処罰意思がないことを考慮したとみられる。

 森本アナは08年4月からニュース番組「おはよう日本」の土日祝日のキャスターを担当していた。同局は処分の理由について「NHKの信頼を揺るがせた責任は重い」と説明。森本アナは同局を通じて「あってはならないことをして深く反省している。被害者の方には心から謝罪したい」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年12月13日のニュース