人間国宝の桂米朝、自宅で転び骨折…2週間の入院必要

[ 2012年8月28日 18:31 ]

 人間国宝の上方落語家、桂米朝(86)が26日、兵庫県尼崎市の自宅で転倒して腰椎を骨折したと所属事務所が28日、発表した。27日の検査で2週間の治療が必要と分かり、同日から同県伊丹市の病院に入院している。

 米朝は廊下で転んで尻もちをついたという。検査の結果、第4腰椎圧迫骨折と診断された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年8月28日のニュース