「梅ちゃん先生」完走!堀北真希「楽しい充実した10カ月でした」

[ 2012年8月24日 17:53 ]

NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」クランクアップ取材会に登場した堀北真希

 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(月~土曜前8・00)が24日、クランクアップを迎え、ヒロインの梅子を演じた堀北真希(23)と梅子の夫・信郎を演じた松坂桃李(23)が東京・渋谷の同局でセレモニーを行った。

 すべての撮影を終えた堀北は「長かったような短かったような10カ月でしたが、梅ちゃんとして生きて、とても楽しい充実した10カ月でした。自分の中で大変なこともあったんですが、皆さんに支えていただいて、今日の日を迎えることができた。1人の力ではここまで来られなかった。感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつした。

 本作が初めての朝ドラ出演となった堀北。「今までにない緊張とプレッシャーを感じた作品だった。期間も長く、どんなふうになっていくのか、ちゃんと自分にやることができるのか、不安でしたが、本当に貴重な経験をさせていただいた」とやり遂げた充実感にあふれた表情を見せた。

 最終収録シーンは9月29日放送の最終回156話のラストで、夫役の松坂との夫婦水入らずのシーンだった。幼なじみ役ではあったが、松坂とは結婚した辺りから急激に共演シーンが増えたという。

 「最初はお互い人見知りでなかなか会話も続かなかったんですが、今はいい関係性で夫婦として撮影を乗り越えられました。お世話になりました」と松坂に感謝の言葉を送ると、松坂も「現場でいつも梅ちゃんとしていてくれたことが心強かった。感謝しています」と頭を下げた。

 朝ドラ第86作目となった本作は、今月11日に24・9%の最高視聴率を記録するなど、期間平均視聴率20・6%(4月2日から23日まで)と好調をキープしている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。東京・蒲田を舞台に、ヒロインの梅子が医師となって診療所を開き、地域の人々とたくましく生きる姿が人気を呼んでいる。好評を受けて、10月にはNHK BSプレミアムでスペシャル版の放送も決定している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年8月24日のニュース