小野ヤスシさん告別式で加藤茶が弔辞「そっちでは仲良く」

[ 2012年7月4日 06:00 ]

小野ヤスシさんの遺影

 腎うがんのため6月28日に72歳で死去したタレントの小野ヤスシさんの葬儀・告別式が3日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。約500人が参列。小野さんとは3兄弟のような付き合いをした加藤茶(69)と左とん平(75)が弔辞を読み、加藤は「(天国で)麻雀をやりましょう」と呼び掛けた。

 加藤は神妙な表情で遺影の前に立ち、「小野さん、そっちに逝っちゃったねえ」と語りかけた。

 小野さんはザ・ドリフターズの初期メンバーで、加藤とは同僚だったが、故いかりや長介さんと衝突して脱退。独立する形で、1964年にバンド「ドンキーカルテット」を結成し、リーダーを務めた。

 加藤にとって、このころが思い出深い様子。「俺がドリフに残るか、ドンキーに行くかで悩んだ時もアドバイスをしてくれたよねえ。あのときがあったから、今の俺があるんだよね」と感謝し「そっちでは仲良くしてね」といかりやさんとの仲直りを祈った。

 小野さんは故エルビス・プレスリーの曲を流す音楽葬を希望し、「笑って送ってくれ」との遺言を残していた。

 その気持ちを知るだけに、笑いを入れることも忘れなかった。「いつかは俺も行くから、麻雀をやりましょう」と呼び掛けた後、「でも2人じゃできないねえ」と首をかしげて「大丈夫、ほかにも逝く人が待ってるからね」と言ってひとり笑いし、プッと噴き出した。それまで涙をこらえたように見えただけに、突然の泣き笑いに、多くの参列者が涙をぬぐいながら笑った。

 「3兄弟」のもう1人、左は名古屋公演のために参列できず、前日2日に撮影していたビデオで「オノチン、つらいよ。でも、おまえの人生は、良い人生だったよな」と呼び掛けた。

 作曲家平尾昌晃氏(74)も弔辞を読んだ。「もっと一緒にステージに立ちたかったよ。なあ、ミッキー」と呼び掛けられたミッキー・カーチス(73)はハーモニカで「アメイジング・グレイス」を演奏した。

 出棺の際、エルビス・プレスリーの曲「ヘルプ・ミー・メイク・イット・スルー・ザ・ナイト」が流れ、突然降り出した雨の中、参列者たちの「小野さーん」の声が響きわたった。

 ◆主な参列者 加藤茶・綾菜夫妻、平尾昌晃、ジャイアント吉田、ミッキー・カーチス、西郷輝彦、松崎しげる、清水アキラ、名高達男、団しん也、野村将希、小柳ルミ子、浅茅陽子、根本りつ子、多岐川華子、シェイプUPガールズ、おぼん・こぼん、モト冬樹(以上芸能関係)、槙原寛己、元木大介、水野雄仁(元プロ野球巨人選手)、中野浩一(元競輪選手)=順不同、敬称略

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年7月4日のニュース