98秒KO劇で実現!井岡一翔 若旦那新曲でコラボ

[ 2012年4月4日 09:00 ]

若旦那(左)の新曲MVに出演したWBC世界ミニマム級王者の井岡一翔

 ボクシングのWBC世界ミニマム級王者、井岡一翔(23)がミュージックビデオに出演する。歌手の若旦那(35)の新曲でタイトルは「俺が俺が~世界中が敵になっても~」(25日発売)。

 昨年大みそか、2度目となる井岡の世界王座防衛戦を、若旦那がテレビ観戦。国内ジム出身者の防衛戦では最短となる98秒でのKO勝利に興奮し、出演を依頼した。世界に挑む23歳の背中が、夢を追いかける若者への応援歌である新曲にイメージが重なったという。

 ビデオでは友人の設定の2人。公園で曲を口ずさむ若旦那のそばを、ロードワーク中の井岡が通りかかるところから始まる。「この間の試合、俺めっちゃ熱くなったよ」と勝利を称える若旦那は、王者のために曲を作ると約束。練習に戻った井岡は、夢を追う若者に出会い、再び自らも夢を追いかけてジムでパンチを打ち込んでいく内容。

 2月に撮影。井岡は演技初体験だったが、「若旦那さんはとても気さくで、おかげで楽にできました」。若旦那がキックボクシング経験者であることから、ボクシングトークで意気投合。2人でファイティングポーズをとったり、両手で構える若旦那に、井岡が軽くパンチを放ったりと、和やかな雰囲気で撮影が進んだ。

 同曲は旧友に贈ろうと2年前から温めてきたといい、曲名通り「世界中が敵になっても、俺は最後まで味方だ」という応援歌。若旦那は「みんなで支え合っていかないと、孤独になると弱いから。ボクサーは孤独との闘いかもしれないけど、井岡選手のやる気は世界一。その気合と力を見てほしいです」と話している。

 ◆若旦那(わかだんな)本名新羅慎二(にいら・しんじ)。1976年(昭51)4月6日、東京都出身の35歳。02年、4人組レゲエグループ「湘南乃風」結成。06年に「純恋歌」が大ヒット。野太いガラガラ声が特徴。昨年ソロデビュー。妻は歌手MINMI(37)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年4月4日のニュース