難波にAKBカフェ!NMB山本「大阪といえば粉モン」

[ 2012年4月4日 06:00 ]

会見で笑顔を見せる(左から)NMB48の小鷹刈佑香、城恵理子、山本彩、AKB48の高城亜樹、片山陽加、小林香菜、前田亜美

 NMB48の山本彩(18)が3日、大阪市のなんばグランド花月内に4日オープンする「AKB48 カフェ&ショップ なんば」のオープニングイベントに出席した。

 AKB48のオリジナルグッズなどを販売する公式店で、原宿と秋葉原、博多に続く4店舗目。同店内にはカフェも併設。メニューには、メンバー考案のオリジナルフードやスイーツがあり、山本は「大阪といえば粉モン。私はサラダが好きなので、お好み焼きや、たこ焼き風味のサラダがあったら女性も楽しめる」と指摘して期待に胸を膨らませた。

 販売スペースでは、4店舗で最多の500種以上のグッズを販売。難波店限定のクリアファイルやマグカップのほか、「串カツせんべい」などご当地商品も用意する。この日はAKB48の高城亜樹(20)らも参加した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年4月4日のニュース