マイケルさん専属医の裁判が結審…有罪なら最高禁錮4年

[ 2011年11月4日 09:09 ]

 2009年の米歌手マイケル・ジャクソンさん=当時(50)=の急死をめぐり、過失致死罪に問われた専属医コンラッド・マーレー被告(58)の裁判は3日、ロサンゼルス郡地裁で検察、弁護側双方が最終意見陳述を行い、結審した。地裁陪審は4日に審議入りし、近く評決を出す。AP通信によると、有罪なら最高で禁錮4年が科される。

 検察側は、被告が、不眠を訴えたジャクソンさんに強力な麻酔薬を日常的に与え、死亡当日は投与後に寝室を離れるなど慎重な経過観察を怠ったと主張。高額の報酬を得るために医師としての規範を逸脱したとして、刑事責任は「証拠上、明らかだ」と訴えた。

 一方、弁護側は、死亡当日に被告が投与した麻酔薬はごくわずかで、被告が知らないうちにジャクソンさんが自分で薬剤を服用して死亡したとあらためて反論。「ジャクソンさんは自分の行為が原因で死亡したのに、検察側は被告に責任を負わせている」と訴えた。

 公判は9月27日に始まり、ジャクソンさん宅に駆け付けた救急隊員やロサンゼルス市警の捜査員らが証人として出廷。事件後に捜査員が被告を聴取した際の音声が法廷で再生されたが、被告本人は一切発言しなかった。

 ジャクソンさんは09年6月25日、ロサンゼルスの自宅で呼吸停止状態となった後に死亡した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年11月4日のニュース