星野哲郎さん一周忌に300人 北島三郎が献杯

[ 2011年10月13日 06:00 ]

星野哲郎さんの一周忌で献杯する北島三郎

 「兄弟仁義」「三百六十五歩のマーチ」などを手掛けた作詞家、星野哲郎さん(享年85)の一周忌法要が12日、東京都千代田区のザ・キャピトルホテル東急で営まれた。

 北島三郎(75)、水前寺清子(66)ら弟子の歌手や日本作曲家協会会長の船村徹氏(79)ら約300人が参列。北島が献杯の音頭をとり「北島三郎という歌手の父親は船村徹、母親は星野哲郎さんだと思っております」とあいさつ。「お師匠(船村氏)は名人芸、哲さまは職人芸。演歌に、なくてはならない詩人でした」としのんだ。生前、詩集に「流行歌は水に浮かべると朽ち溶けて沈んでいく“紙の舟”に似てはかない」と著したことから法要は「紙舟忌」と銘打たれ、祭壇の筆文字は北島が担当。「雪椿」などの提供を受けた小林幸子(57)は、8歳年下の男性会社社長と来月15日に婚姻届を提出する予定。当日は星野さんの命日で「一番最初に報告したかったのは先生でした」と涙ぐんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年10月13日のニュース