市川亀治郎 四代目猿之助を「おじへの恩返しに」襲名

[ 2011年9月28日 06:00 ]

四代目市川猿之助を襲名することになり、意気込みを語る市川亀治郎

香川照之 歌舞伎界入り

 27日の会見には、香川のいとこで歌舞伎俳優の市川亀治郎(35)も出席。四代目市川猿之助を襲名すると発表した。

 香川と同じく来年6月の新橋演舞場公演に出演する。同公演は亀治郎の曽祖父の初代市川猿翁、祖父の三代目市川段四郎の五十回忌追善興行。猿之助の名跡は、これまで猿之助の生前に次の代に引き継がれ「1日も絶やしたことがない」とされている。亀治郎は「亀治郎の名に愛着があった」と言い、猿之助側から引き継ぎの相談を受け「おじへの恩返しになればという思いで受けた。日本の誇る歌舞伎をますます盛り上げたい」と強調した。会見では、香川の長男の政明が五代目市川団子(だんこ)を襲名することも発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月28日のニュース