香川照之 絶縁状態の父と和解

[ 2011年9月28日 06:00 ]

市川猿之助(中央)と、涙ぐみながら挨拶する香川照之(左端)の後ろでは香川の息子・政明(左から2人目)と市川亀治郎(左から4人目)が“にらめっこ”

 俳優香川照之(45)が27日、都内で会見し、歌舞伎俳優として来年6月の公演に出演し、九代目市川中車(ちゅうしゃ)を襲名すると発表した。

 約40年間断絶状態だった、父親の市川猿之助(71)と雪解けしたことが歌舞伎界入りを後押ししたと強調。68年に猿之助と離婚した母親の女優浜木綿子(75)も了承し、会場へ駆けつけた猿之助は「恩讐(しゅう)の彼方(かなた)にありがとう」と喜んだ。

 猿之助が会見場へ足を運んだのは03年11月の脳梗塞発症後、初めて。自身も二代目市川猿翁を襲名する父子の節目。後遺症で思うように動かない体を香川が支え、優しさにあふれた親子の姿を報道陣の前で見せた。

 猿之助の離婚の一因には、00年に再婚する女優の故藤間紫さんの存在があったといわれていた。香川は浜に引き取られ、猿之助とは絶縁状態に。東大卒業後、俳優として活躍していたが、父のことが頭を離れなかった。

 04年に長男・香川政明(7)が誕生し、歌舞伎の伝統を守らなければならない思いが強まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月28日のニュース