桂南光 “復活”に「抗議の電話もあったようですが 今回もどうなるか…」

[ 2011年9月28日 07:02 ]

還暦記念公演に向け「大入祈願」と書いた絵馬を奉納した桂南光

 12月で60歳となる落語家・桂南光(59)が、11月3日に京都南座で「還暦記念公演」を開くことになり27日、同市内で会見した。

 2席を口演するほか、2008年の番組終了まで約15年司会を務めた関西テレビ「痛快!エブリデイ」の人気コーナーだった、桂ざこば、中田ボタン、桂きん枝、大平サブローとのトーク「男がしゃべりでどこが悪いねん」も復活開催。「最初の頃は抗議の電話もあったようですが、今回もどうなるか分かりません」と笑わせた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月28日のニュース