戦後初 香川照之 2つの名前を使い分ける「この船に乗らないといけない」

[ 2011年9月28日 06:47 ]

市川猿之助(中央)と、涙ぐみながら挨拶する香川照之(左端)の後ろでは香川の息子・政明(左から2人目)と市川亀治郎(左から4人目)が“にらめっこ”

 俳優香川照之(45)が27日、都内で会見し、歌舞伎俳優として来年6月の公演に出演し、九代目市川中車(ちゅうしゃ)を襲名すると発表した。

 来年6月に東京・新橋演舞場で開かれる歌舞伎公演でデビュー。今後も歌舞伎以外の俳優業を主に行っていく。この際には、「香川照之」の名前で出演する。2つの名前を使い分けて俳優と歌舞伎俳優で活躍するのは戦後初。「歌舞伎の世界とは無縁で過ごしてきましたが“この船に乗らないといけない”と思いました」と決意を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月28日のニュース