フジ「ヘキサゴン」継続は五分五分 ファミリーは「紳助さんと切り離して」

[ 2011年9月2日 13:05 ]

芸能界引退を発表した島田紳助さん

 フジテレビは2日、10月期番組改編説明会を東京・台場の同局で行い、秋からの番組編成の概要を発表した。

 引退した元タレントの島田紳助さん(55)が司会を務めた「クイズ!ヘキサゴン2」(水曜後7・00)に関して、これまで7日と14日の放送分で7日は「FUJIWARA」の藤本敏史(40)とつるの剛士(36)、14日は「品川庄司」の品川祐(39)と上地雄輔(32)が司会進行と務め、それ以降に関しては「調整中」としてきた。

 この日の会見でも、この問題に質問が集中する中、現王園佳正編成部長は「14日の放送以降はまだ検討中です。続けるか続けないかも含めて調整中で、現段階では五分五分。いろんな可能性があるので、なかなか申し上げられない。本来ならば10月末にレギュラー放送に戻るために、10月に向けて時間もなく、早い段階で考えなくちゃいけないので、作業的には押せ押せにはなっています」。番組改編期と重なり、従来ならば「ヘキサゴン2」のスペシャル番組も改編期の恒例番組として放送してきたが、「スペシャルもやれる状態ではないので、それも含めて調整中」と歯切れが悪かった。

 10月の番組改編のテーマとして、エンタテインメント性と信頼性を大きな柱にしているというフジテレビ。引退した紳助さんが暴力団関係者との親密な関係で引退したことについて、荒井編成制作局長は「紳助さんとは30年近い付き合いですが、寝耳に水だった。こちらも記者会見の当日の夕方に聞いて、我々としてば驚いているという状況。ただ、紳助さんに関しては遺憾に思っているが、残りのヘキサゴンファミリーはいいものを作ろうと頑張っている。紳助さんとは切り離して考えている」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年9月2日のニュース