やりすぎ?谷桃子 夜中に「自然に声が出るくらい激しかった」

[ 2011年8月16日 16:37 ]

映画「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」完成披露合同記者会見」に登場した(左から)伊藤えみ、守永真彩、丸高愛実、谷桃子

 お色気たっぷりに描いた痛快アクションコメディにグラビアアイドルが勢ぞろい!映画「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」完成披露合同記者会見が16日、東京・駒形で行われ、グラビアアイドルの守永真彩(20)、丸高愛実(21)、伊藤えみ(27)、谷桃子(26)が登場した。

 “やりすぎコンパニオン”を演じる主演の守永は、稽古をつけて初挑戦したアクションシーンに思い入れが強く、「アクションシーンを見てほしいです」とアピール。谷も「(アクションは)自然に声が出るくらい激しかった。夜中にすごい大変でした」と話し、自身が演じた悪役については「声でエロスを表現したので注目してほしいです」と映画をPRした。

 今が旬のグラビアアイドルが勢ぞろいしただけに、セクシーなシーンは最大の見せ場。巨乳役を演じた丸高が「一生懸命寄せて谷間を作っていました」と明かせば、伊藤も「4人の中で一番(胸が)ないのでパットとかいろいろ入れました。でもないです」と苦笑い。撮影中は仲良く4人で入浴。「毎日一緒にお風呂入ってたから分かるんですけど、本当にみんなうらやましい身体で…」と伊藤はうらやましがることしきりだった。

 24日から池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年8月16日のニュース