萬田久子パートナー…日野皓正のトランペットで別れ

[ 2011年8月16日 06:00 ]

佐々木力氏告別式で位牌を持つ喪主の萬田久子

 女優の萬田久子(53)と事実上の夫婦関係を続け、9日にスキルス性胃がんのため亡くなったアパレル会社「リンク・セオリー・ジャパン」社長兼CEOの佐々木力(ささき・ちから)氏(享年60)の葬儀・告別式が15日、東京・青山葬儀所で営まれた

 財界や芸能関係者ら約2400人が参列。出棺の際、トランペット奏者の日野皓正(68)が「聖者の行進」などを演奏。参列者は涙をぬぐいながら手拍子をして佐々木氏を送り出した。

 25年来の友人のプロゴルファー青木功(68)は弔辞で「言うことを忘れちゃったよ。バカヤロー、コノヤロー!」と号泣。参列した石田純一(57)は「東尾パパ(修氏)と佐々木さんが仲が良く(理子との結婚が)うまく行くようにアドバイスをくれていた」と感謝した。

 佐々木氏は人気ブランド「セオリー」を展開する会社のトップ。親しかった参列者は「ばく大な資産については覚悟の入院だったので、家族への分与も生前にしっかりと整えていたようだ」と話した。

 遺体は都内で荼毘(だび)に付され、萬田は取材に「ありがとうございます」とだけ答え、遺言状の有無などについては触れなかった。

 ≪主な参列者≫中村メイコ、高橋真梨子、多岐川裕美、秋野暢子、松崎しげる、岩城滉一、郷ひろみ、片岡鶴太郎、石田純一、草なぎ剛、杉本彩、榎本加奈子(以上俳優、歌手、タレント)王貞治、星野仙一、田淵幸一、東尾修、佐々木主浩、松井稼頭央(プロ野球関係者)青木功、丸山茂樹(プロゴルファー)柳井正(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)=順不同、敬称略=

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年8月16日のニュース