伊藤淳史 仲村トオルに内面暴露されて…

[ 2011年7月6日 14:51 ]

「チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸」制作発表に登場した(前列左から)小西真奈美、仲村トオル、伊藤淳史、高橋克典(後列左から)市川知宏、安田顕、福士誠治、尾美としのり

 12日にスタートするフジテレビ系連続ドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」(毎週火曜後10・00)の制作発表が6日に都内のスタジオで行われ、伊藤淳史(27)、仲村トオル(45)、小西真奈美(32)ら出演者が顔を揃えた。

 08年10月クールの「チーム・バチスタの栄光」、10年4月クールの「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く、海堂尊氏原作の人気医療ミステリーシリーズの第3弾。今回も特別愁訴外来の田口を演じる主演の伊藤は「こんなにも長い間、1つの役をやれるとは2008年の10月の段階ではこれっぽっちも思っていませんでした。今回、大変な状況になる中で、普通にドラマのお仕事をさせてもらえることを光栄に思っています。視聴者の方々に少しでも恩返しをできたら」。

 そんな伊藤と名コンビを組む仲村は作品のテーマである体の内面を見る“Ai”をモチーフに共演者の内面を暴露するコーナーでは“伊藤くんは実はハードディスクも小さい?”とボードを掲げた。その真意は「自分の車が古くて燃費が悪いという話を彼に何度も話をして、何度も新鮮な驚きをしてくれて。小西さんが左利きだということも3回びっくりしているのを見ました」と伊藤の意外な一面を暴露。ただ、これに対し、小西からは「私、左利きじゃないです。左でも携帯も打てますよって言ったんです」と返され、「あ~俺もかって感じですね」と苦笑い。暴露された伊藤は「いつも新鮮なんです。3回ぐらい言われないと覚えられないんです」と開き直っていた。

 ◆「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」 東城医大心療内科・特別愁訴外来の医師・田口公平(伊藤)と厚生労働省大臣官房秘書課付技官の白鳥圭輔(仲村)の名コンビが『死因不明社会』をテーマに、Ai(死亡時画像診断)センターの設立を巡って起こった殺人事件の解明に挑む。新メンバーとして小西のほか、高橋克典(46)、福士誠治(28)、市川知宏(19)、安田顕(37)、尾美としのり(45)らが加わった。初回は午後10時10分から9分拡大版で放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年7月6日のニュース